リスティング広告(キーワードターゲティング)

キーワードが違えば、訪問者の興味や悩みも違いますよね?

リスティング広告(Yahoo!プロモーション広告、Google AdWords)で、同じ広告グループに登録してあるキーワードでも、それぞれ訪問者の興味や悩みは違うはずです。

ココマッチLPOを利用することで、リスティング広告をクリックした訪問者の検索キーワードによって、ホームページの内容を変えることができます。

【ご注意】キーワードターゲティングについて

Google検索およびYahoo!検索のSSL化により、キーワードターゲティングおよび検索連動型広告連動は、ほぼご利用いただけない状況となっております。これは他社LPOツールも同様となり、現状回避策はございません。

エリアターゲティングやA/BテストにてLPOツールをご活用いただければと思います。

例えば、こんな使い方

1.キーワードを決める

リスティング広告の管理画面を見て、クリック数が多く、悩みの異なるキーワードを選ぶ。

例)
検索「税理士 相談」、検索「税理士 依頼」、検索「税理士 千代田区」

2.文章を書く

各キーワードに対して、訴求力のある文章を書いてください。

例)
「まずは、お気軽にご相談ください。税理士 山田太郎があなたの悩みを解決します。」
依頼先でお困りなら、元国税局の税理士 山田太郎。満足度100%の評価をいただいております。」
「東京都千代田区の税理士 山田太郎です。あなたには、身近なパートナーが必要です。」

3.ココマッチLPOで設定する

文章を差し込む場所を決めたら、ココマッチLPOで設定するだけ。検索キーワードによって異なる文章が表示されます。

キーワードの「部分一致」、「完全一致」の選択、「複合キーワード」の設定もできるので、とっても便利です。

他には、どんな機能がありますか?「他には、どんな機能がありますか?」
機能一覧へ戻る

ウチの場合、どうすれば接客力UPに繋がりますか?「ウチの場合、どうすれば接客力UPに繋がりますか?」
「業種別の活用術」をご欄ください。

2週間無料トライアル

「ココマッチLPO」のすべての機能を、2週間無料で利用できます。

LPOツール未体験のあなた。ぜひ一度、この効果と感動を味わってください。

無料トライアルお申し込み

ココ街